• アイドル育成ゲームで農業を救おう!
  • その他

投稿クリエイター“はたの”様 インタビュー!

TRINUS TRINUS 2019.08.16

投稿クリエイター“はたの”様 インタビュー!

 

今回、本プロジェクトのアイデア「アイドル育成ゲームで農業を救おう!」を投稿いただいたクリエイターの“はたの”様にインタビューを行い、どのような方なのかやアイデアに込める想いを伺いました!

日頃はサラリーマンをしながら農業をやっています

—今回、採択アイデアを投稿いただいた はたのさんですが、

日頃はどのようなお仕事をされているのですか? 

 

はたの:私は普段、関西の旅行会社で働くサラリーマンをしています。団体ツアーの企画やインバウンドお客様をご案内したり、変わりどころですと、企業の社員の方を連れて山奥で自炊してもらうような研修型のツアーなどもやっています。

 

—日頃はデザインやクリエイターのようなお仕事をされているわけではないんですね?

 

はたの:そうですね。デザインをやっているわけではありませんが、もともと何かを作ることは好きで、実は昔、某有名劇のシナリオを書いていました。

 

—えっ!?その劇は私ももちろん知っています!すごいですね!

 

はたの:ありがとうございます。そういうわけで、何か面白いものを作ったりするのが好きで、日頃からいろいろ考えてメモしたりしています。

 

—農業にはどのように携わられているんですか?

 

はたの:会社の事業という扱いで農業もやっていまして、京都の南丹市美山町というところで7反ほどの畑をやっています。

 

—結構広いですね!南丹市に住まわれているんですか?

 

はたの:いえ。自宅は別のところにありますが、休みの日は畑を見に行ったりしていますね。

 

 

アイデアのきっかけは“鹿や猪”

—今回とアイデアを投稿いただいたわけですが、何がきっかけでだったんですか?

 

はたの:投稿のきっかけは単純で、確かFacebookでASOBIZAを見かけたことだったと思います。パッと見て面白そうだと思いまして。

実は、今回投稿したのは、少し前から私が温めていたアイデアでして、私一人で実現するのはなかなか辛いなと思っていたところだったので渡りに船でした!

 

—そうなんですね!“温めていた”とおっしゃいましたが、きっかけは何だったんですか?

 

はたの:私は今、農業に携わっていますが、やはり農村部は高齢化が深刻で、耕作放棄地がどんどん広がっていってしまっている現状があります。自治体も頑張ってはいるんですが、なかなか若い人が移住してくるというのはハードルが高いんですよね。そういった現状を打破するにはどうしたらいいかという風に考え出したのがきっかけでした。

 

—確かに地方や農村の過疎化は長年問題になっていますよね。

   でもなぜ“アイドル”だったんでしょうか?

 

はたの:農村では高齢化が深刻化していることはもちろんなんですが、実は鹿や猪による獣害も深刻なんです。大切に育ててきた農作物が収穫前に動物に食べられてしまうのは、耐え難いものがあります。そう考えていると、ふと“アイドル”が浮かんだんです(笑)アイドルも事務所が大切に育ててきてやっと身になったと思ったら、スキャンダルなんかで簡単に潰されてしまう。なんとなく似ているなと。

—“獣害”から“アイドル”が浮かぶって、普通はないですね(笑)

 

はたの:そうですよね(笑)で、アイドルを育成するという要素を使えば、今まで農業に興味がある人にしかアプローチできなかったことを変えられるんじゃないかと思って投稿アイデアにしました。

 

目指すは、“知らない間に農業を助ける”ということ

—今回のアイデアで一番譲れない部分はどこですか?

 

はたの:アイドルとかスマホゲームとかの要素を盛り込んでいますが、今回のアイデアの目的は“農業の助けになる”ことですね。少しでもいいので、今回のアソビが何かしら農家の方や農村に良い影響を与えてくれることを願っています。

—具体的に農村にとっての良い影響って何でしょう?

 

はたの:自治体は、やはり移住してもらうことを期待しています。でも、よくIターンで地方に移住して、カフェをやったりする話を聞きますが、若者がたくさん移住してくれないと回らないんですよね。良い影響という意味では、移住だけが全てではなく、若い人が訪れてくれたり、収穫物を買ってくれることも助けになります。

 

—なるほど。今回のアイデアでは、最終的にどのようなことが起こることを目指していますか?

 

はたの:私が今回のアイデアで目指したいのは、農業やIターンなどにもともと興味がある人だけでなく、そういう問題をあまり意識していない人も巻き込むことです。誰かがこのアソビをすることで、知らず知らずの内に農業の手助けができてしまう、そんなサイクルができればと思っています。

 

—そうなると本当に素晴らしいですね!私たち事務局もプロジェクトの実現に向けて全力を注ぎます!

 

はたの:私一人では実現が難しいアイデアですが、ASOBIZAの力と実際の農家の方々や自治体の方々の力もいただきながら、最高におもしろく、かつ農業の力になる企画になればなと思っていますので、これからよろしくお願いいたします!

2019.7.12

アイドル育成ゲームで農業を救おう!プロジェクトスタート!

第1期アソビアイデア選考の結果

はたの様にご投稿いただいた「アイドル育成ゲームで農業を救おう!」の

実現に向けてプロジェクトをスタート致します!

 

今後こちらのページにて事業化プロジェクトの進捗状況について

ご報告していきますので続報をお待ちください!

コメントする

この製品化プロジェクトに対するご意見や改善の提案など、プロデューサーとして前向きなコメントをご投稿ください。コメント投稿により10pt、コメントに「いいね」が1つ付くごとに5ptを獲得できます。

※内容が不正である場合は、事務局によって取り消されます。

コメントを投稿するには、ログインしてください。

シェアする

  • Share on Tumblr

原案となった採用作品

アイドル育成ゲームで農業を救おう! アイドル育成ゲームで農業を救おう!

投稿テーマ

本ウェブサイトはCookieを使用しています

Cookieは統計目的で使用されます。また、サードパーティのサービスによって設定されるCookieもあります。「OK」をクリックすると、クッキーの使用をご承諾いただいたこととなります。

詳細を表示詳細を閉じる

この同意は以下のドメインに適用されます:asobiza.trinus.jp

クッキーとは?

クッキーは、コンピューター、タブレットまたは携帯電話に保存される小さなデータファイルです。クッキーは、有害なプログラムやウイルスが存在する可能性があるプログラムではありません。

ページでクッキーを使用する方法とその理由

ページが機能するにはクッキーが必要です。クッキーを使用することで、あなたのページのアクセス履歴の概要を確認でき、その情報をもとにあなたの要件や興味に合わせてページを継続的に最適化、調整することができます。たとえばクッキーは、あなたがショッピングカートに追加したもの、以前このページにアクセスしたか、ログインしているか、ページ上で表示させたい言語や通貨、といった情報を記憶しています。また、他のページ上で当社の広告をあなたに沿ったものにするためにクッキーを使用する場合もあります。非常に一般的な使い方としては、あなたとできるだけ関連性が高いコンテンツを表示するためにクッキーを使用しています。

クッキーはどれくらい保存されますか?

あなたのデバイスにクッキーが保存されるクッキーの期間は異なります。期限が切れる予定日時は、最後にホームページにアクセスした日をもとに算出されます。クッキーは期限が切れると、自動的に削除されます。

クッキーを拒否または削除する方法

コンピューター、タブレットまたは携帯電話のブラウザ設定を変更することで、いつでもでクッキーを拒否することができます。設定がどこにあるかは、使用するブラウザの種類により異なります。設定を変更されると、利用することができない機能やサービスがある場合がありますのでご注意ください、そうしたサービスや機能はホームページがあなたの選択を記憶できるという状況でのみご提供可能なためです。

こちらから、Google Analyticsのクッキーをブロックするように設定することができます。

こちらから、複数のネットワークで情報を共有する広告ネットワークのクッキーをブロックするように設定することができます。

クッキーの削除

過去に承認したクッキーを削除することができます。最近のバージョンのブラウザを搭載したパソコンを使用している場合は、次のショートカットキーを使ってクッキーを削除できます:CTRL + SHIFT + Delete ショートカットキーが機能しない、および/またはApple社のコンピューターを使用している場合は、ブラウザの種類を確認し、関連するリンクをクリックしてください:

注意:複数の異なるブラウザを使用している場合は、すべてのブラウザからクッキーを削除する必要があります。

他にご質問はございますか?

今回お伝えした情報および/または個人情報の処理に関するご質問やご意見がある場合は、お気軽にお問い合わせください。info@trinus.jp