【絶賛販売中!】
asobizaから商品化したアイテムです。

イロトカタチ

「何、作ってるの?」「くじら?」「おしい!」
「なんか動いた?」「あっ、わかった!」

そんな会話で家族や友だちとも盛り上がれる
伝わってうれしい、笑顔が生まれるゲームです。

人数:2~8人 時間:15分 推奨年齢:6歳~

シェアで応援

  • Share on Tumblr

「遊びの原点」から生まれたカードゲーム  イロトカタチ誕生秘話

TRINUS TRINUS 2020.03.31

いろいろな⾊のカードを使って「めだまやき」「テレビゲーム」など、お題に出されたものをつくり、周りの⼈が当てて遊ぶ新感覚のカードゲーム・イロトカタチ。ここでは、イロトカタチの考案者であり、バンダイナムコスタジオのゲームデザイナー・澁⾕美幸(しぶや・みゆき)さんに、お聞きしたイロトカタチの4つの誕⽣秘話をご紹介します。

イロトカタチ誕⽣秘話① 有志チーム発⾜!「遊びの原点に」

「誰でも、電源がない場所でも遊べるゲームをつくろう」。2018年8⽉、バンダイナムコグループ内の有志が集まり、業務外のボードゲーム制作チームが⽴ち上がりました。きっかけは「遊びの原点に返ろう」というグループ社員の呼びかけだったそう。これに共感し、チームに加わったメンバーは約40⼈に及びました。

 その約2ヶ⽉後、メンバーが企画コンペで持ち寄った作品の中に、イロトカタチはありました。考案者の澁⾕さんは、過去にクラシックゲーム(1980年代につくられた、絵がドット絵で描かれているゲーム。ファミコンが代表例)の移植に携わっていたゲームデザイナー。その経験から、「抽象的な⾊の集合なのに何を表しているか分かる、ドット絵のようなゲームをつくりたかった」と振り返ります。

また澁⾕さんがこだわっていたのが、「⼦どもと⼤⼈が⼀緒に楽しめる」ということ。⼦どもが楽しめるのはもちろん、⼤⼈も退屈したり、⼿加減したりせずに遊べるということも⼤切にしていました。

他のメンバーから⾼評価を受け、企画コンペで受賞したイロトカタチ。いよいよ制作に向けて動き出します。

イロトカタチ誕⽣秘話② ルールづくりは試⾏錯誤の連続

イロトカタチは当初、今とは少し違ったルールでした。例えば、初めはお題カードがなく、つくる⼈がお題を⾃分で決めて宣⾔し、周りの⼈が「あり」か「なし」か、判定するゲームだったそう。しかし実際に遊んでみると、まず「お題を⾃分で考えて、つくる」というのはハードルが⾼いことが分かりました。

また、周りの⼈に「なし」と⾔われた場合、つくった⼈は否定された気持ちになることもあるのでは、と考えました。そこで、お題カードをつくり、当たらなかった場合は次の⼈にお題を引き継ぐことで、つくる側の難しさや楽しさを共有できるようにしたのです。

 「お題は3⼈まで引き継げます。そうすることで『ああ、これをつくっていたのね』『やっぱりそうなるよね』というふうに同じお題をつくった⼈同⼠で盛り上がったり、⼀体感が⽣まれたりしたらいいなと思いました」と澁⾕さん。

 お題は⼦ども⽤の図鑑などを参考に、ひとつひとつ選定。誰でも知っていて、⾊が分かりやすいものを選んでいきました。簡単そうなお題でも、実際につくってみると⾊のカードが多く必要なこともあり、少ない枚数でつくれるというのも重視。お題は3つの難易度に分け、遊ぶ⼈に合わせて選べるようにしました。

また、イロトカタチのおもしろさは「動かしてOK」というところです。カードを動かすことで、つくる側も、当てる側もわいわい楽しく遊ぶことができます。カードを手で持ち上げたり、つくった形をどんどん変えて伝えたりできるので、「イロトカタチはアクションゲームだ」と話す⼈もいるほどです(笑)

実はこれも、当初はなかったルール。ある時テストプレイでお題をつくっていた⼈が、どうしても伝わらず、⾊のカードを動かし始めました。この様⼦を⾒て、「伝える側の選択肢が広がるし、周りも盛り上がる!」と感じて追加したのです。

⼀⽅で、ルールが複雑にならないようにすることも重要でした。決まりが増えることでルールが難しくなれば、「誰でも楽しめる」というイロトカタチの根幹が崩れてしまいます。ルールを検討する作業は「どこまでいっても終わりが⾒えない作業だった」と澁⾕さんは話します。

イロトカタチ誕⽣秘話③ 「シンプルでかわいい」デザインへのこだわり

イロトカタチのデザインは、バンダイナムコスタジオのビジュアルチームが担当しました。年齢や性別関係なく、幅広い層に届くように「かわいくて、シンプルなデザインにしたかった」と澁⾕さんは話します。「⼦どもっぽくなりすぎても駄⽬でした。⼤⼈の⼥性も『かわいい』と思えるデザインにしたかったんです」

完成したイロトカタチのパッケージは、⽩がメイン。カラフルなドット絵でできた「たんぽぽ」や「エビフライ」などの⼩さな「お題」が規則正しく並んでいます。またカードには、小さなアリのイラストが。イロトカタチのデザインは、「ハキリアリが⾊のカードを運んで、みんなで当て合いっこをしている様⼦」をモチーフにしており、アリはいろいろなところに登場します。

遊ぶ際に下に敷くプレイシートは草むらをイメージし、⻩緑⾊。当初プレイシートはありませんでしたが、お題をつくる時に「どちらが上か下か分からない」という声を受けて⽤意しました。もちろんここにも、⼩さなアリが登場。澁⾕さんの⾔葉通り、「シンプルでかわいい」デザインになっています。

イロトカタチ誕⽣秘話④ 初めての販売!ゲームマーケット

ボードゲーム制作のチームが⽴ち上がってから1年余り。2019年11⽉に、国内最⼤級のアナログゲームのイベント「ゲームマーケット」にイロトカタチを出展し、テスト販売を実施しました。すでに幼稚園や⼦ども向けのイベントなどで、テストプレイを何度も重ねており、確かな⼿応えを感じていたイロトカタチの制作チーム。しかし、販売するのはこれが初めてでした。

ゲームマーケットに先⽴ち、イロトカタチの宣伝はほとんどしていませんでした。つまり「その場で遊んで、おもしろいと思ってもらえるかどうか」がすべてです。アナログゲームのファンが多く集まるイベントということもあり、澁⾕さんは「前⽇の夜は不安で眠れなかった」と笑います。

しかし、いざゲームマーケットが始まると、⼦どもから⼤⼈までたくさんの人が!
幅広い世代の⼈が集まり、楽しそうにイロトカタチで遊んでいる様⼦を⾒て、澁⾕さんは⼤きな喜びを感じたといいます。

そして「売れない時は10個も売れない」ゲームマーケットで、イロトカタチ300個以上を完売。中には企業の研修⽤に買っていく⼈もいて、後⽇実際に使⽤したそうです。「コミュニケーション能⼒や発想⼒の強化、社員同⼠の関係性向上にも役⽴つ」という意⾒をもらったそう。澁⾕さん、よかったですね!

わいわい遊べる!イロトカタチ

様々な局⾯を乗り越え、ついに完成したイロトカタチ。お題のカードには英語訳があり、⽇本語が分からない⼈でも遊べるようになっています。英語を勉強するゲームとしても活⽤できそうですね。

イロトカタチは「おしゃべり推奨」のゲームです。「ここがこんなふうに動くよ」「こういう形もあるよ」「惜しい!」など、お題の核⼼に迫ることでなければ、つくる⼈がヒントを与えることができ、また当てる⼈もつくる⼈に質問できます。

澁⾕さんは「たくさんおしゃべりをして、みんながイロトカタチを通して仲良くなれたらうれしいです」と話しています。

イロトカタチで遊んでみたい!と思った方、ぜひ「育てたい」ボタンを押してくださいね。イロトカタチの応援をよろしくお願いします!

(C) BANDAI NAMCO Research Inc.

コメントする

この製品化プロジェクトに対するご意見や改善の提案など、プロデューサーとして前向きなコメントをご投稿ください。コメント投稿により10pt、コメントに「いいね」が1つ付くごとに5ptを獲得できます。

※内容が不正である場合は、事務局によって取り消されます。

コメントを投稿するには、ログインしてください。

コメント

  • スパムとして報告する ロット ロット 一色のカードが集って生まれる無限の可能性…!斬新ですね!
    スパムとして報告する バンダイナムコ 澁谷 バンダイナムコ 澁谷 ロットさん、嬉しいコメントありがとうございます!
    イロトカタチを遊んでいると、だんだん単色のものが別モノに見えてきたりします。
    クラファンがスタートし、どうなるかドキドキですが、今後も見守っていただければ幸いです。

本ウェブサイトはCookieを使用しています

Cookieは統計目的で使用されます。また、サードパーティのサービスによって設定されるCookieもあります。「OK」をクリックすると、クッキーの使用をご承諾いただいたこととなります。

詳細を表示詳細を閉じる

この同意は以下のドメインに適用されます:asobiza.trinus.jp

クッキーとは?

クッキーは、コンピューター、タブレットまたは携帯電話に保存される小さなデータファイルです。クッキーは、有害なプログラムやウイルスが存在する可能性があるプログラムではありません。

ページでクッキーを使用する方法とその理由

ページが機能するにはクッキーが必要です。クッキーを使用することで、あなたのページのアクセス履歴の概要を確認でき、その情報をもとにあなたの要件や興味に合わせてページを継続的に最適化、調整することができます。たとえばクッキーは、あなたがショッピングカートに追加したもの、以前このページにアクセスしたか、ログインしているか、ページ上で表示させたい言語や通貨、といった情報を記憶しています。また、他のページ上で当社の広告をあなたに沿ったものにするためにクッキーを使用する場合もあります。非常に一般的な使い方としては、あなたとできるだけ関連性が高いコンテンツを表示するためにクッキーを使用しています。

クッキーはどれくらい保存されますか?

あなたのデバイスにクッキーが保存されるクッキーの期間は異なります。期限が切れる予定日時は、最後にホームページにアクセスした日をもとに算出されます。クッキーは期限が切れると、自動的に削除されます。

クッキーを拒否または削除する方法

コンピューター、タブレットまたは携帯電話のブラウザ設定を変更することで、いつでもでクッキーを拒否することができます。設定がどこにあるかは、使用するブラウザの種類により異なります。設定を変更されると、利用することができない機能やサービスがある場合がありますのでご注意ください、そうしたサービスや機能はホームページがあなたの選択を記憶できるという状況でのみご提供可能なためです。

こちらから、Google Analyticsのクッキーをブロックするように設定することができます。

こちらから、複数のネットワークで情報を共有する広告ネットワークのクッキーをブロックするように設定することができます。

クッキーの削除

過去に承認したクッキーを削除することができます。最近のバージョンのブラウザを搭載したパソコンを使用している場合は、次のショートカットキーを使ってクッキーを削除できます:CTRL + SHIFT + Delete ショートカットキーが機能しない、および/またはApple社のコンピューターを使用している場合は、ブラウザの種類を確認し、関連するリンクをクリックしてください:

注意:複数の異なるブラウザを使用している場合は、すべてのブラウザからクッキーを削除する必要があります。

他にご質問はございますか?

今回お伝えした情報および/または個人情報の処理に関するご質問やご意見がある場合は、お気軽にお問い合わせください。info@trinus.jp