【絶賛販売中!】
asobizaから商品化したアイテムです。
【絶賛販売中!】
asobizaから商品化したアイテムです。

「色」と「形」の新感覚ゲーム『イロトカタチ』

「何、作ってるの?」「くじら?」「おしい!」
「なんか動いた?」「あっ、わかった!」

そんな会話で家族や友だちとも盛り上がれる
伝わってうれしい、笑顔が生まれるゲームです。
2020.04.02

イロトカタチデザイナーインタビュー「子どもと大人が一緒に楽しめるゲームを」

TRINUS TRINUS

いろいろな⾊のカードを使って「めだまやき」「テレビゲーム」など、お題に出されたものをつくり、周りの⼈が当てて遊ぶ新感覚のボードゲーム・イロトカタチ。誕⽣秘話では、イロトカタチ制作の経緯や裏話を取り上げました。ここでは、イロトカタチの考案者であるゲームデザイナー・澁⾕美幸(しぶや・みゆき)さんに話を聞き、イロトカタチに込めた思いを探ります。

考案者が語るイロトカタチの魅⼒

澁⾕さん、今⽇はよろしくお願いします。まずは、澁⾕さんの思うイロトカタチの魅⼒を教えてください。

「⼦どもと⼤⼈が⼀緒に楽しめることだと思います。イロトカタチで遊んでみると、意外と⼤⼈より⼦どもの⽅が強いことが多いんです。⼤⼈がお題をつくると、いろいろな情報があるせいか迷ってしまうようで。使いたい⾊が手元にない時にも柔軟な発想がしにくい傾向があります。でも⼦どもは、何でもパッとつくりますね。迷いがないんです。

 『オムライス』というお題だった時に、カラフルなオムライスをつくった⼦どもがいました。『これはブルーベリー味、これはイチゴ味』って。それを聞いて、『⼦どもには⼤⼈には⾒えない世界が⾒えるのだなあ』と感じました。当てる側になっても、⼦どもは驚くようなひらめきで当ててきます。⼤⼈が⼿加減することなく、対等に楽しめるのがこのゲームのいいところですね。

 もちろん⼤⼈だけでも楽しめます。私たちは会社の飲み会でよくやりますね(笑)⼈がどんどん集まってきて、毎回盛り上がります」

確かに「オムライス」をつくるのに、⻩⾊と⾚のカードがなかったらパニックになりそうです(笑) 澁⾕さんには3歳のお⼦さんがいるそうですが、⼀緒にイロトカタチで遊ぶことはありますか。

「まだ3歳なので、普通のルールで遊ぶのは難しいですが、彼は彼なりに楽しんでいます。私がニンジンをつくって、『これ、なーんだ?』と聞いて当ててもらったり、今度は彼が真似してニンジンをつくったり。息子と遊ぶ時は色カードはランダムではなく、好きな色を選んで遊んでいます。

 こちらで推奨のルールは⽤意していますが、参加する⼈に合わせてルールを簡単にしたり、難しくしたり、みんなが楽しめるように変えて遊んでくれたらいいなと思います」

イロトカタチに込めた様々な思い

澁⾕さんは、ボードゲーム制作を⽬的としたバンダイナムコグループの有志チームのメンバーでした。しかしそれまではデジタルゲームが担当で、アナログゲームづくりには関わったことがなかったそう。なぜチームに加わろうと思ったのでしょうか。

「『シンプルな遊び』を考えてみたいと思ったからです。最近のゲームはどんどん進化していますが、同時に内容が壮⼤で複雑になっているようにも感じます。そこがおもしろいところである⼀⽅で、ゲームや遊びの根幹は『シンプルなもの』であり、そこから発展させていくというのが、あるべき姿だと考えていて。⼀度原点に⽴ち返ってみたいという思いがありました」

確かにイロトカタチは、ルールがとてもシンプルですよね。

「あとは、相⼿の⽬を⾒て遊ぶことができるというところもアナログゲームの良さだと思っています。デジタルゲームも複数⼈で遊ぶことはできますが、相⼿の⽬よりは、画⾯を⾒ていますよね。場を囲んで、おしゃべりしながら和気あいあいと遊べるものをつくりたかったというのも参加を決めた理由のひとつです」

アイディアを考える上で、こだわっていたことはありますか。

「イロトカタチの魅⼒と重複しますが、⼦どもも⼤⼈も同じ⽴場で⼀緒に楽しめるというところです。難しいゲームでは⼦どもは楽しめないですし、簡単すぎるゲームでは⼤⼈が退屈してしまいます。そうではなくて、誰でも同じように楽しめて、お互いが仲良くなれたらいいなと思っていました。

 振り返ってみると、⾃分が⼦どもを育てるようになってから『誰でも楽しめるゲームをつくりたい』という思いがより強くなった気がしますね」

私⽣活での変化もイロトカタチのアイディアに影響していたのかもしれませんね。具体的に「⾊のカードを使って、ものを表現する」というゲームを思いついたきっかけを教えてください。

「会社に⾏く途中、橋の上を歩いている時に思いつきました(笑)私は以前、クラシックゲーム(主に1980年代につくられた、絵がドット絵で描かれているゲーム。ファミコン が代表例)の移植を担当したことがあり、今もパックマンのチームにいます。そうした経験からドット絵のようなゲームをつくれないかなと考えていました。

ドット絵って、8×8とか16×16のマスに⾊が付いているだけですが、何を表しているか分かるじゃないですか。『抽象的な絵だけど何か分かる』みたいなゲームがつくれればと考えていて、ある⽇ふと思いつきました」

確かに⾊のカードでつくった「エビフライ」や「おにぎり」は、ファミコンを連想させますね!続いて、澁⾕さんの職業である「ゲームデザイナー」のお仕事に迫ります。

イロトカタチ考案者の澁⾕さん ゲームデザイナーってどんな仕事?

澁⾕さんは15年以上、「ゲームデザイナー」として株式会社バンダイナムコスタジオに勤めています。そもそもゲームデザイナーとはどんな仕事なのでしょうか。

「ゲームをつくる仕事で、プログラミング、⾳と絵の制作以外はすべて携わります。まずゲームの企画を考え、市場を調査し、企画が決まれば中身を考えつつ、販売までのスケジュールや予算の管理もします。仕事は多岐に渡るため、雑⽤も多いですよ(笑)」

プログラミング、⾳、絵以外全部ですか!つまりゲームのプロデューサーのような仕事ですね。

「はい、プロデューサー、ディレクター、シナリオライターなども、全部ゲームデザイナーの仕事です。具体的な仕様を考えるのもゲームデザイナーの役割で、例えばゲームに登場するキャラクターの細かな動きや、メニュー画⾯の構成なども決めます。それらをプログラマーや絵を描くビジュアルアーティストに伝え、相談しながら形にしていきます。ゲームづくりの始めから終わりまで関わるのがゲームデザイナーです」

なかなか⼤変ですね・・・。ゲームデザイナーを⽬指されたきっかけは何だったのでしょうか。

「⼤学時代に短編⼩説を書くゼミに⼊っていて。ものをつくることが好きだったので、何かを⽣み出す仕事に就きたいなと思い、ゲーム業界を志望しました。またこの仕事は企画書などで⽂章を書くことも多いので、大学時代に養ったスキルがいかさればいいな、という思いもありました。ただ⼩説と企画書はスタイルが違うので、⽇々勉強ですね」

ゲームデザイナーをしていて「楽しい」と思うのはどんな時ですか。

「できあがった商品が⼈の⼿に届いて、楽しんでいる姿を⾒た時です。今回イロトカタチの制作を通して、アナログゲームでは得られる喜びが特に⼤きいと感じました。

 というのも、デジタルゲームをつくっている時は、⾃分の⽬の前で遊んでいる⼈の姿を⾒る機会があまりありませんでした。イロトカタチのテストプレイでは、多くの⽅に『おもしろい』『楽しい』と直接⾔ってもらうことができ、本当にうれしかったです。アソビザでも、1⼈でも多くのユーザーの⽅にイロトカタチを知ってもらい、魅⼒に共感してもらえたらうれしいです」

 

澁谷さんのお話を聞いてイロトカタチで遊んでみたい!と思った方は、ぜひ「育てたい」ボタンを押してくださいね。

澁谷さん、ありがとうございました!

(C) BANDAI NAMCO Research Inc.

コメント

この製品化プロジェクトに対するご意見や改善の提案など、プロデューサーとして前向きなコメントをご投稿ください。コメント投稿により10pt、コメントに「いいね」が1つ付くごとに5ptを獲得できます。

※内容が不正である場合は、事務局によって取り消されます。

コメントを投稿するには、ログインしてください。

コメント

  • ロット
    ロット
    スパムとして報告する ロット 一色のカードが集って生まれる無限の可能性…!斬新ですね!
    バンダイナムコ 澁谷
    バンダイナムコ 澁谷
    スパムとして報告する バンダイナムコ 澁谷 ロットさん、嬉しいコメントありがとうございます!
    イロトカタチを遊んでいると、だんだん単色のものが別モノに見えてきたりします。
    クラファンがスタートし、どうなるかドキドキですが、今後も見守っていただければ幸いです。

本ウェブサイトはCookieを使用しています

Cookieは統計目的で使用されます。また、サードパーティのサービスによって設定されるCookieもあります。「OK」をクリックすると、クッキーの使用をご承諾いただいたこととなります。

詳細を表示詳細を閉じる

この同意は以下のドメインに適用されます:asobiza.trinus.jp

クッキーとは?

クッキーは、コンピューター、タブレットまたは携帯電話に保存される小さなデータファイルです。クッキーは、有害なプログラムやウイルスが存在する可能性があるプログラムではありません。

ページでクッキーを使用する方法とその理由

ページが機能するにはクッキーが必要です。クッキーを使用することで、あなたのページのアクセス履歴の概要を確認でき、その情報をもとにあなたの要件や興味に合わせてページを継続的に最適化、調整することができます。たとえばクッキーは、あなたがショッピングカートに追加したもの、以前このページにアクセスしたか、ログインしているか、ページ上で表示させたい言語や通貨、といった情報を記憶しています。また、他のページ上で当社の広告をあなたに沿ったものにするためにクッキーを使用する場合もあります。非常に一般的な使い方としては、あなたとできるだけ関連性が高いコンテンツを表示するためにクッキーを使用しています。

クッキーはどれくらい保存されますか?

あなたのデバイスにクッキーが保存されるクッキーの期間は異なります。期限が切れる予定日時は、最後にホームページにアクセスした日をもとに算出されます。クッキーは期限が切れると、自動的に削除されます。

クッキーを拒否または削除する方法

コンピューター、タブレットまたは携帯電話のブラウザ設定を変更することで、いつでもでクッキーを拒否することができます。設定がどこにあるかは、使用するブラウザの種類により異なります。設定を変更されると、利用することができない機能やサービスがある場合がありますのでご注意ください、そうしたサービスや機能はホームページがあなたの選択を記憶できるという状況でのみご提供可能なためです。

こちらから、Google Analyticsのクッキーをブロックするように設定することができます。

こちらから、複数のネットワークで情報を共有する広告ネットワークのクッキーをブロックするように設定することができます。

クッキーの削除

過去に承認したクッキーを削除することができます。最近のバージョンのブラウザを搭載したパソコンを使用している場合は、次のショートカットキーを使ってクッキーを削除できます:CTRL + SHIFT + Delete ショートカットキーが機能しない、および/またはApple社のコンピューターを使用している場合は、ブラウザの種類を確認し、関連するリンクをクリックしてください:

注意:複数の異なるブラウザを使用している場合は、すべてのブラウザからクッキーを削除する必要があります。

他にご質問はございますか?

今回お伝えした情報および/または個人情報の処理に関するご質問やご意見がある場合は、お気軽にお問い合わせください。info@trinus.jp